ミラドライは病院ごとに費用が異なります

制汗剤で対応していたがワキガの匂いが自分でも気になるように

ワキガの匂いは周りの人々を不愉快にさせてしまうこともある、シャツの脇部分に黄ばみが生じると同時に洗濯しても匂いが残るなど良いことはありません。
最初の内は、シャツに黄ばみになるくらいで自分がワキガであることわからない程度でした。
しかし、徐々に匂いが自分でも気になるようになり色々調べてみたところワキガ体質ではないかと感じるようになって医療機関で検査を受けたこともありました。
耳垢を最初して湿り気がある場合、ワキガ体質である匂いの度合いは個人差がある、このようなことを教わりましたが診断の結果軽度よりも中度に近いもの手術を行う方法もあるけれど、重度ではないので保険が利かないなど費用負担が大きいため制汗剤を使い、臭いを抑える工夫を行い続けていました。

冬場は厚着になるため匂いはそれほどきにならないのですが、それでもコートを脱いだ瞬間体温で温められていたり、密閉状態になっていたなどの理由からワキガの独特な匂いが自分でもわかること多くなった、自宅に帰ったときは良いのですが会社の更衣室やロッカーにコートを入れるときなどは周りに人がいないことを確認するようになるなど、日常の生活の中でもおどおどしてしまうことが多くなったのです。
手術をすれば完治する可能性はあるといいますが、これも100%の保証はなくきれいにアポクリン線を切除できなければ再発の可能性もあるようです。

制汗剤で対応していたがワキガの匂いが自分でも気になるように : 切る必要の無いミラドライというワキガの治療法を選ぶ : 実績のあるクリニックで治療を受け匂いが気にならなくなる

ミラドライ費用[]ミラドライ|ワキガ治療