ミラドライは病院ごとに費用が異なります

切る必要の無いミラドライというワキガの治療法を選ぶ

高い費用をかけて手術しても効果が100%でなければ意味がありませんし、同じようにおどおどするような生活はちょっと耐えられませんので他の方法を探し始めました。
美容形成外科では切らないワキガ治療といった広告を目にすることが多くありましたが、これはミラドライと呼ぶもので傷痕が残らないのが売りになっている治療法です。
手術ではアポクリン線をハサミを使い切除するため当然切開が必要ですし、切開して縫い合わせた部分は小さいけれども傷痕が残る、これも手術をしたくないと考えた理由の一つです。
ミラドライでは、外科的な手術を受けることなくアポクリン腺の活性を弱めることができる、汗の量が減るので匂いもきにならなくなるといいます。
試しにカウンセリングを受けたことがあるのですが、自分のワキガは中度程度だったのでミラドライで治療を行う方法もできるし手術でもできることを知りました。
傷痕が残るけれども再発が起こりにくい手術を選ぶべきか、何度も施術を受ける必要があるけれども確実に完治に近づけることができるミラドライを選ぶべきか迷いましたが、最終的には切らないワキガといった手法を選ぶことにしました。
ミラドライの施術を行っている病院をネットで調べてみたのですが、主に美容形成外科や美容皮膚科の診療科がある医療機関で受けられるようで、いずれも自由診療からも病院により料金には差がありました。

制汗剤で対応していたがワキガの匂いが自分でも気になるように : 切る必要の無いミラドライというワキガの治療法を選ぶ : 実績のあるクリニックで治療を受け匂いが気にならなくなる